TECH SUPPLIER Jun 2020 - Market Forecast - Doc # JPJ45141420

国内ストレージソフトウェア市場予測、2020年~2024年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内ストレージソフトウェア市場を以下の5分野、1. データレプリケーション/保護ソフトウェア、2. アーカイビングソフトウェア、3. Software-Defined Storage コントロールソフトウェア、4. ストレージ/デバイス管理ソフトウェア、5. ストレージインフラストラクチャソフトウェア、に分類し、2020年~2024年の国内市場での売上額を機能セグメント別に予測している。

「データ分析やAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術の進歩と共にビジネスの迅速化や効率化が進む中で、データ活用の競争力を支えるストレージインフラの管理には、いかにして経済性を保つか、複雑性を回避するか、管理の属人性を排除して運用確実性を向上させるかといった多面的な要求が強まる。その解決策には、長期的な視点の下にストレージソフトウェアを戦略的に活用し、データ基盤を進化させることがより重要になる」とIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us