TECH SUPPLIER Aug 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ45141820

2020年 国内オフィス/ホームプリント ページボリュームの動向

By: Kazukuni TominagaSenior Market Analyst, Imaging, Printing and Document Solutions, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)収束後にオフィスにおける働き方および家庭で起きる変化を踏まえて、オフィス/ホームプリント市場への影響について詳細に分析している。その上で、今後国内オフィス/ホームプリント市場におけるページボリューム(PV:プリント量)がどのように変化するのかを3つの予測シナリオに基づいて予測する。なお、本調査レポートで用いる市場予測では2020年5月末時点におけるCOVID-19の影響および見通しを考慮している。

IDC Japan イメージング、プリンティング&ドキュメントソリューションのシニアマーケットアナリストである冨永 和邦は「プリントベンダー各社は、ユーザー企業の業務効率を最大化するためにオフィスと自宅のプリント環境がどうあるべきかを含めて、在宅勤務やワークフローのデジタル化へのユーザー企業の取り組みを支援する姿勢が求められる」と述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan 3D, Industrial and Office Printing (Japanese Version) , Japan 3D, Industrial and Office Printing (Japanese Version with Key English Language Reports)


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Multifunction peripherals, Print services, Printers


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us