TECH SUPPLIER Jul 2020 - Market Share - Doc # JPJ45146920

国内コンピューティング/ネットワークインフラストラクチャソフトウェア市場シェア、2019年:Windows EOS需要が成長に寄与

By: 入谷 光浩, Mitsuhiro IriyaGroup Manager, Software & Security, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内コンピューティング/ネットワークインフラストラクチャソフトウェア市場をサーバーオペレーティングシステム市場、Software-Defined Computeソフトウェア市場、バーチャルクライアントコンピューティング市場、アベイラビリティ/クラスタリングソフトウェア市場、ネットワークインフラストラクチャソフトウェア市場に分類し、2019年のベンダーシェアを提供している。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのグループマネージャーである入谷 光浩は、「国内において、コンテナの普及が本格化しようとしている。それに伴い、今後は可用性、パフォーマンス、セキュリティなど、コンテナ環境に高い品質を求める企業が増加していく。ITサプライヤーは、ベンダーのコンテナディストリビューション製品やクラウドサービスのコンテナマネージドサービスを活用し、顧客企業のコンテナプラットフォームの構築から運用まで、ハイレベルな支援を提供していくことが必要である」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us