TECH SUPPLIER Jul 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ45148520

2020年 国内産業分野別DXユースケース分析

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

IDCは、ITサプライヤーが企業の取り組むべきデジタルトランスフォーメーション(DX)領域の全体像を把握でき、かつ顧客企業の成長機会の探索を支援できるようにするための独自のフレームワークとして、DX Use Case Taxonomyを作成した。本調査レポートではこのフレームワークを活用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による国内第3のプラットフォーム市場分析において2020年の前年比成長率のマイナス乖離幅(2020年の前年比成長率ポイント-2019年の前年比成長率ポイント)が最も大きくなる「個人向けサービス」「運輸」「小売」と、最も小さくなる「中央官庁」「公共/公益」「医療」という6つの産業分野を取り上げ、各産業分野におけるITサプライヤーの市場機会や、今後とるべきDX戦略/アプローチを検討する。

IDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである敷田 康は、「COVID-19によって財務環境に強いマイナスの影響を受ける産業分野においても、ポストCOVID-19に向けた戦略という視点から、現段階で企業が手掛けるべきDXの優先度を検討し得る。ITサプライヤーは、あらゆる産業分野におけるネクストノーマルを見据えて、危機においても底堅い投資が期待できるDXの事業機会を探るべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us