By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2019 - Conference Proceeding: Tech Supplier - Doc # JPJ45181519

IDC Directions 2019 Tokyo:爆発的に増加するデータがオフィス環境に与える影響とプリントの未来

By: Eiji IshidaGroup Manager, Imaging, Printing and Document Solutions, IDC Japan

Abstract

本Conference: Tech SupplierはIDC Japan イメージング, プリンティング&ドキュメントソリューションのグループマネージャーである石田 英次による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

第3のプラットフォームを始めとするテクノロジーの進化は、オフィス、そして働く環境を大きく変えようとしている。特に、オフィスで扱うデータ量の爆発的な増加は、働く環境に抜本的な変革をもたらす可能性がある。IDCでは、このオフィス関連データの流通量が、今後5年間に世界全体で2倍以上になると予測している。膨大な情報を処理しなければならない将来のオフィスワーカーに対して、プリント環境は何ができるであろうか。本講演では、プリントを含む新たなオフィス環境提案に向けた発想のヒントとなる情報を提供する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us