By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2019 - Conference Proceeding: Tech Supplier - Doc # JPJ45182119

IDC Directions 2019 Tokyo:アプリケーション革命はもう始まっている-プラットフォーム、アーキテクチャ、開発者のイノベーション

By: Mitsuhiro IriyaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan

Abstract

本Conference: Tech SupplierはIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである入谷 光浩による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

IDCでは2018年から2023年にかけて5億もの新しいアプリケーションが生成されると予測している。これは過去40年間に開発されたアプリケーションの数に相当する。DX時代におけるこのアプリケーションの爆発的増加は、クラウドネイティブアプリケーションプラットフォームの導入、マイクロサービスアーキテクチャへの移行、アジャイル/DevOpsによる開発手法の変革によって引き起こされる。さらにAIやローコード/ノーコードのようなテクノロジーがこのアプリケーション革命を加速させている。本講演ではアプリケーションに起こっている変化と進化について複数の視点から分析し、ITサプライヤーが取るべき方向性について考察する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us