By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jul 2019 - Market Note - Doc # JPJ45298219

経済産業省の政策シンポジウムに見る、量子アニーリングの可能性

By: Shinya KatoSenior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、2019年5月20日に開催された経済産業省 政策シンポジウム「次世代コンピュータが実現する革新的ビジネス~量子コンピュータ/アニーリングマシンが切り開く未来~」について報告する。また、シンポジウムの概況と周辺情報から、アニーリングマシンの国内エンタープライズインフラ市場への影響を考察する。「ユーザー企業は、システム導入に適した処理量や負荷の大きい企業活動を分析し、アニーリングマシンが自社の事業にどのように貢献し得るか、自ら主導して検討すべきである。適用の可否に関わらず、デジタルトランスフォーメーションに欠かせない、新技術の柔軟な選択肢を獲得することができる」とIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである加藤 慎也は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us