TECH SUPPLIER May 2020 - Market Forecast - Doc # JPJ45403220

国内IoTセキュリティ製品市場予測、2020年~2024年

By: Kenichi AkamaResearch Manager

Abstract

本調査レポートでは、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮し、国内IoTセキュリティ製品市場を分析し、2020年~2024年の予測を行っている。ITシステムでのランサムウェアによる被害や個人情報の流出、IoTデバイスを踏み台とするDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃によるサービス停止といった数多くの事件が継続して発生しており、セキュリティ対策とインシデント発生時の対応が、企業や組織の経営や活動に影響を与えかねない状況となっている。OT(Operational Technology)セキュリティに関しては、IT関係者とOT関係者が歩み寄り、相互理解を深め、OTに対するセキュリティリスクと対策の必要性を同じレベルで認識することが重要である。

「IoTデバイス/IIoTセンサーはセキュリティを考慮した設計/開発を原則とし、IoTサプライヤーはセキュリティ対策をユーザーと連携して実施することが効果的である。IoTユーザーは、デバイスやセンサーで収集したデータの取り扱いに関し、規制やガイドラインに則する必要があり、セキュリティリスクだけでなく、コンプライアンスやデータガバナンスを考慮していくことが重要である」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである赤間 健一は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us