TECH SUPPLIER Dec 2020 - Market Forecast - Doc # JPJ45698220

国内IT市場 産業分野別/従業員規模別/年商規模別予測アップデート、2020年~2024年:2020年9月末時点のCOVID-19による影響を考慮

By: Akira MuranishiGroup Manager, IT Spending, IDC Japan, Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan, Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内IT市場における産業分野別/従業員規模別/年商規模別のIT支出額実績(2018年、2019年)と予測(2020年~2024年)を報告している。本調査レポートでは、産業分野を21区分、従業員規模および製品分野をそれぞれ5区分、年商規模別を4区分に分けて分析し、各産業分野で見られるIT支出のトレンドなどを報告する。

COVID-19を契機に浸透しつつある、在宅勤務やテレワーク、遠隔授業、遠隔医療、ネット経由での物販は、対面接触や閉鎖空間での集会による感染リスクの防止観点から、生活やビジネス様式変容のためのITの重要性を、改めて広く社会に認知させることになった。2020年9月に発足した新政権は、紙や押印による入力/認証/照合/決済の仕組みのデジタル化を優先事項にしており、今後国を挙げたデジタル化の動きが加速するとみられる。IDC Japan ITスペンディングのグループマネージャーである村西 明は、これら市場の変化の状況を踏まえて、ITサプライヤーに対して「COVID-19を契機とするITを活用した生活やビジネス変容を好機と捉え、データ入力/認証/照合/決済に至るすべての生活やビジネス手続きのデジタル化をあらゆる産業において支援することが重要である」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us