TECH SUPPLIER Jan 2020 - Market Note - Doc # JPJ45900720

ザイリンクスのデータセンター戦略:Vitis AIで開発環境を拡充

By: Shinya KatoSenior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、ザイリンクスが無償公開した統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis」やAI推論向けライブラリー「Vitis AI」などのデータセンター向けの取り組みから、エンタープライズインフラにおけるFPGA(Field Programable Gate Array)採用の可能性について考察する。

IDC Japanエンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである加藤慎也は、「ザイリンクスのFPGAの採用は、同社戦略に基づく開発環境の整備により、エンタープライズインフラにおける現実的な選択肢になったといえる。インフラベンダーやサービスプロバイダーは、他社との差別化に活用すべく、AI推論向けワークロードに最適化したFPGAによるソリューション開発を検討していくべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us