TECH SUPPLIER Jul 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ46556821

国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場予測、2021年~2025年

By:

Kenichi Kusano
Loading
Abstract

本調査レポートでは、国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場に関する、2021年~2025年の予測と今後の展望を提供する。5Gサービス提供用ネットワークインフラストラクチャとして導入する5G RAN(Radio Access Network)、5Gコアネットワーク、ルーター、イーサネットスイッチ、光伝送装置を対象にしている。2020年の商用5Gサービス開始とサービスエリアの順次拡大に合わせて、5Gネットワークインフラストラクチャ構築は着実に進展した。また、2021年以降も、5Gサービスエリアの拡大がさらに加速する中で5G RANへの投資が増加し、5G SA(5G Standalone)方式のサービス開始に伴う5G Coreの配備が市場を牽引するとIDCでは予測している。

IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、「オープン化が進むワイヤレスインフラストラクチャ市場において、国内ワイヤレスインフラストラクチャベンダーが生き残り、海外市場進出の足がかりを築くためには、国内MNO(Mobile Network Operator)が実践するオープンRANで十分な実用性を証明することが必要条件である。オープンRANが機能することは当然として、運用管理システムの確立や低消費電力性能や経済性の高さを実証することが求められる。さらに、2022年以降のvRAN導入をMNOと共に成功できるかどうかが、海外市場進出の成功と国内市場における生き残りの鍵を握る」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us