TECH SUPPLIER Oct 2021 - Market Perspective - Doc # JPJ46561221

2021年 国内製造/流通におけるサプライチェーンの デジタルレジリエンシー強化動向分析

By:

Ko Shikita
Loading
,
Chikara Abe
Loading
Abstract

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の初期段階において、製造業者や流通業者がその事業活動上で受けた最初の負の影響はサプライチェーンの混乱であり、現在もなお正常化していない事業者が少なくない。本調査レポートでは、サプライチェーンを共有する製造業と流通業に焦点を合わせて、そのデジタルレジリエンシー強化のための取り組み動向/意向について、世界のサプライチェーン関連ITトレンド予測や、ユーザー企業の調査結果を踏まえて分析する。

IDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである敷田 康は、「製造業者などにおいては、2次、3次サプライヤーまでの可視性を確保しようとするトレンドが見られる。クラウドベースエンゲージメントプラットフォームを展開しているITサプライヤーにとって、この領域における事業機会は大きい。顧客企業のサプライチェーン関連部門やデジタル推進部門に対し、従来の取引関係に縛られない、新しい企業間での情報/データ連携システム/プロセスの構築を促すソリューション提案を行うべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us