TECH SUPPLIER Apr 2021 - Market Perspective - Doc # JPJ46564421

2021年 国内企業のDXに向けたITサプライヤーの戦略

By: Heihachiro YamaguchiResearch Manager, IT Services, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内ITサプライヤー(メガクラウドベンダー、システムインテグレーター、ハードウェアベンダー)が、国内企業ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みについて、どのように支援しようとしているのか、について調査し分析したものである。なお、5社のITサプライヤーにおける支援内容についてはプロフィールとして個別に掲載している。

国内企業ユーザーの関心が、デジタルテクノロジーの導入から、それを手段とすることによるビジネスモデルの変革へと変化している。ITサプライヤーは、その変化を捉え、情報システム部門を窓口とするテクノロジー中心のアプローチから、ビジネス部門のビジネス変革のアプローチへと変化させて対応している。しかし、ビジネス部門の抱える課題は複雑であり、その原因を迅速に特定し解決策を提示するのは難しい。ITサプライヤーは、国内企業のビジネスユーザーに「同化(相手の組織文化を理解し同じ対象を見るレンズを持つ)」して、同じ視点からビジネス現場を観察することで、内在する複雑に絡み合った課題を直視し、真の原因を顕在化させ、これまでに蓄積してきたDX支援のノウハウを適用させることなどによって解決していく必要がある。

「ITサプライヤーは、国内企業が外部環境のディスラプションに直面しても迅速に対応していくことのみならず、それをチャンスと捉える組織文化や新たなビジネスモデルの創出能力といった「レジリエンシー」を実現するDXの支援を行うべきである」と、IDC Japan ITサービスのリサーチマネージャーである山口 平八郎は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us