TECH SUPPLIER May 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ46566121

国内AIシステム市場予測、2021年~2025年

By:

Nobuko Iisaka
Loading
Abstract

本調査レポートは、国内AI(Artificial Intelligence:人工知能)システム市場の2020年の実績と2021年~2025年の予測(エンドユーザー支出額ベース)を提供している。2020年のAIシステム市場はCOVID-19によるマイナスの影響を大きく受けることなく、顧客による企業変革の重要性の認識が高まりデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速した結果、市場規模は前年比47.9%増で成長した。IDCでは、2021年の同市場は、COVID-19によって企業が新たに対策を講じる必要がある投資重点領域と認識されたことで継続的に成長すると予測している。特にデータマネジメントやアナリティクス、従業員へのリスキリング(職業能力の再開発)を中心に積極的に投資が行われる。一方で、企業でAIの利用が限定される場合やAI人材が過剰に不足する場合は、AIの継続的投資が抑制されるため市場成長の阻害要因となる。「成長期を迎えている市場ではAIを活用し企業価値を得ている先駆者とそうでない者、企業変革を再認識し取り組みを加速する後発者という形で顧客の層別化が顕著になっている。ITサプライヤーは顧客の共通課題であるデータマネジメントにフォーカスし、顧客層に応じた柔軟な支援が求められる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである飯坂 暢子は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us