TECH SUPPLIER Oct 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ46833120

2020年 国内電子サイン市場動向: COVID-19を契機に拡大する利用気運

By: Saki OhtaMarket Analyst, Software & Security, IDC Japan, Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、コンテンツ管理アプリケーションの中のドキュメントアプリケーションに含まれる「電子サインソフトウェア」の国内市場動向の調査結果を述べる。電子サインソフトウェアは、2019年4月に大企業に対して、2020年4月に中小企業に対して適用された働き方改革関連法への対応において利用されてきたが、COVID-19の感染拡大による非対面/非接触あるいは在宅勤務などリモートからの業務遂行の需要増加、関連法に関する政府見解が順次公表されたことなどから、利用気運がより高まっている。「今後電子サインソフトウェアはユーザー企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する中で導入するソリューションの一つとして広く利用されることが予測される。ITサプライヤーは電子サイン適用範囲決定のための関連ワークフロー分析/コンサルティング提供、ユーザー企業ごとの利用に適した電子サイン方式の適切な提案、電子サイン導入を起点としたDX推進をユーザー企業に提案すべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのマーケットアナリストである太田 早紀は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us