TECH SUPPLIER Dec 2020 - Special Study - Doc # JPJ46926520

2020年 国内金融IT市場動向調査アップデート: 求められるDXと新規参入企業の加速

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内金融機関に加えて、金融機関以外の産業分野において金融サービスを展開する企業も調査対象として、IT支出動向を調査、分析している。なお、国内金融機関は18業態に分類し、2019年~2024年のIT支出動向の分析を行っている。また、国内金融機関における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを分析している。一方で、他の産業分野において金融サービスを展開する企業のビジネス/IT支出動向を分析している。特に金融機関以外の企業の金融サービスの意向に関するアンケート調査結果を基に、これらの企業の金融サービス展開のためのIT支出規模を国内FinTech関連/エコシステムIT支出規模として推計している。

国内金融機関では、COVID-19の感染拡大によって既存システム向けのIT支出は抑制、凍結する金融機関は多いが、非対面チャネルの強化、業務効率化を目的としたDX施策は高い優先順位で推進している。また、メガバンクなど大手金融機関では新しいビジネスモデル構築に向けたDX関連の案件は継続しており、大手保険会社においても健康増進支援、テレマティクス関連の保険商品/サービスの取り組みは加速している。国内金融機関において、今後既存ビジネスの成長性の停滞がさらに深刻になるとみており、業態を問わず新しいビジネスモデルの構築が求められる。したがって、「ITサプライヤーは、COVID-19の感染拡大の中でも新しいビジネスモデル構築の支援が求められる。特に金融サービスを展開する他の産業分野の企業との連携、および地域創生支援に対して積極的に支援することが有効である」と、IDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである市村 仁は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us