TECH SUPPLIER Sep 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ47040921

国内データセンター向けイーサネットスイッチ/ ホワイトボックススイッチ市場予測、2021年~2025年

By:

Kenichi Kusano
Loading
Abstract

本調査レポートは、データセンター向けイーサネットスイッチとホワイトボックススイッチ市場に関して、2021年~2025年の予測と今後の展望を提供する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、国内データセンター向けイーサネットスイッチ市場において、それ以前からあった傾向を強め、企業ITシステムのクラウドシフトがいっそう鮮明な動きになる一方で、オンプレミスITシステムに対する投資を保留、延期として表れた。2021年以降は、企業ITのクラウドシフトや、動画を始めとするインターネット上のサービスの留まることのない利用拡大が、データセンターインフラストラクチャの拡張につながり、イーサネットスイッチの需要を牽引すると予測している。市場は2025年までプラス成長を続け、特にクラウド事業者向け市場が牽引役になるとみている。

IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、「企業をターゲットにするデータセンター向けイーサネットスイッチベンダーは、IPファブリックの導入などモダナイゼーションを促進するために、モダンなデータセンターネットワークが持つ運用管理の効率化や省人化のメリットを訴求すべきである。ネットワークやアプリケーションの可視化/自動化ソリューションとIPファブリックを活用して、データセンターの運用管理を自動化し、専門性をできるだけ排除したデータセンターネットワークを企業に提案していくべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us