TECH SUPPLIER Nov 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ47042521

国内エンタープライズストレージシステム保有容量 配備モデル/配備場所別予測、2021年~2025年

By: Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、IDCの調査に基づいて、国内企業が保有するエンタープライズストレージシステム保有容量を算出し、2019年~2020年の実績と2021年~2025年の予測を提供している。また、エンタープライズストレージシステム保有容量については、配備モデル/配備場所別に実績と予測を提供している。

IDC Japanのグループディレクターである森山 正秋は「データ駆動型ビジネスの広がりと共に、多様で大量のデータが創出される。これらの多様で大量のデータをそのデータの特性に応じて、最適なインフラに保有して適切な運用管理を行うことは、国内企業が取り組むべき重要な課題となる。また、そうした課題に取り組む企業を支援していくことは、ストレージベンダー、システムインテグレーター、サービスプロバイダーにとっても獲得すべきビジネス機会になる」と分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us