TECH SUPPLIER Nov 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ47042621

国内データ保護ソリューション市場予測、2021年~2025年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan, Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内データ保護ソリューションの市場規模を2021年~2025年に渡って予測している。この市場予測に当たっては、エンタープライズ向けサーバー、ストレージなどのハードウェア市場とデータレプリケーション/保護ソフトウェア(クラウドサービスとして提供されているものを含む)市場の2020年までの売上実績、および2021年1月に行ったユーザーサーベイに基づく需要分析などを主な予測の根拠としている。

「デジタルデータの活用技術が継続的に進化し、企業組織が管理するデータが種類、量の両面で増えていくことが見込まれることから、データ保護の仕組みを効率性、経済性、信頼性などの観点で構築し直すニーズは拡大するであろう。データ管理の要件は今後も変化が見込まれることから、データ保護システムの柔軟性、拡張性も重要な要素になる」とIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us