TECH SUPPLIER Aug 2021 - IDC Survey - Doc # JPJ47042921

2021年 データの多様化が国内企業のストレージ支出に与える影響:エッジでのストレージ管理の実態と課題

By: Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本調査レポートは、2021年7月に実施したストレージ保有容量とデータ保有場所、ストレージ容量に影響を与えるITプロジェクト、データ保護とアーカイブの実態と課題に関するユーザー調査を基に分析を行っている。

ストレージ保有容量については、自社所有ストレージシステムだけでなく、パブリッククラウドサービスやプライベートクラウドサービスを含めた保有容量について調査した。また、データの保有場所については、自社データセンター、クラウドサービス、コロケーションに留まらす、エッジ(支店/支社/開発拠点、工場/倉庫/店舗/屋外の2セグメント)についても調査した。

エッジにおけるストレージ管理やデータ管理について調査した。その中では、エッジでのストレージ保有容量、保有しているデータの種類、利用しているストレージ、ストレージの選択で重視される条件を調査したほか、エッジから自社データセンターや事業者データセンターへのデータ移行の実態や、エッジにおけるストレージ管理やデータ管理の課題について調査した。

データ保護については、バックアップデータを保有している場所、パブリッククラウドを利用している理由、バックアップ/リカバリーの課題について調査した。また、アーカイブについてはデータの種類別アーカイブ状況、アーカイブデータの保有場所、アーカイブ容量やアーカイブ期間、アーカイブの課題について調査した。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Storage Solutions (Japanese Version) , Japan Storage Solutions (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Storage Solutions with Vertical Views (Japanese Version) , Japan Storage Solutions with Vertical Views (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Storage Systems (Japanese Version) , Japan Storage Systems (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Storage Systems with Vertical Views (Japanese Version) , Japan Storage Systems with Vertical Views (Japanese Version with Key English Language Reports)


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Analytic applications, Big data analytics and discovery, Cognitive/artificial intelligence, Data warehouse platform software, Network-attached storage, Public cloud services


Content
  • 44 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us