TECH SUPPLIER Nov 2021 - Market Perspective - Doc # JPJ47043221

2021年 国内ストレージインフラ as a Service市場のベンダー分析:オンプレミス従量課金制の可能性

By: Shinya KatoSenior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan, Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan, Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、エンタープライズインフラ製品のas a Serviceとしての提供、特にオンプレミス従量課金制と他の支出方法との違いを整理した上で、採用理由に基づく需要の背景、普及へ向けた課題について考察する。また、オンプレミス従量課金制を提供する主要ストレージベンダーの取り組みをまとめ、オンプレミス従量課金制の採用拡大に向けたベンダーへの提言を行う。

「オンプレミス従量課金制は、ハイブリッドクラウドに最適な支出方法として採用が広がりつつある。一方、オンプレミス従量課金制はストレージベンダー以外でも提供し得るサービスであり、結果としてユーザーが囲い込まれる可能性がある。ストレージベンダーには、製品開発とサービス企画の密接な連携によって差別化しつつ、パートナーを拡大していくことが求められる」とIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである加藤 慎也は述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Storage Solutions (Japanese Version) , Japan Storage Solutions (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Storage Solutions with Vertical Views (Japanese Version) , Japan Storage Solutions with Vertical Views (Japanese Version with Key English Language Reports)


Companies Covered

NetApp, Inc., Fujitsu Limited, Hewlett Packard Enterprise, Hitachi, Ltd., Pure Storage, Inc., Dell EMC, Dell Technologies Inc.


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Hybrid clouds, Infrastructure as a service


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us