TECH SUPPLIER Oct 2021 - Market Perspective - Doc # JPJ47045921

2021年 国内ITサービス市場 準大手/中堅ベンダーのビジネス動向:限られたリソースによるDX支援の推進

By: Seiichiro YoshiiSenior Market Analyst, IT Services, IDC Japan, Akihiro KimuraResearch Manager, IT Services, IDC Japan, Takuya UemuraGroup Manager, IT Services, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内ITサービス市場における準大手/中堅ベンダーのビジネス動向およびベンダー間の競合状況について、ベンダー各社に対して行った調査や、多様なリソースから収集した情報を総合し、定性的/定量的に分析した結果をまとめたものである。国内ITサービス市場における準大手/中堅ベンダーの2020年12月期または2021年3月期の国内ITサービス売上額を、IDC定義に基づいて3つのサービスセグメント別/6つの産業分野別に推定し、各ベンダーの事業動向/ビジネス動向をプロフィールとして掲載している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が長期化しており、準大手/中堅ベンダーも「ネクストノーマル(The Next Normal:次なる常態)」を前提として顧客のDXを推進するビジネスを加速させる必要がある。そして、顧客の拡大やリスク分散のため、大企業だけでなく中堅中小企業にも目を向ける必要があるであろう。しかし、大手ベンダーと比べてリソースやケイパビリティが限られているのが課題となっている。「準大手/中堅ベンダーは、働き方改革関連サービスを軸としたDX支援アプローチをさらに推進すると共に、中堅中小企業にも利用しやすくベンダー側でもリソースの共有化がしやすい、DXを支援するas-a-Service型サービスの充実を図るべきである。また、パートナーシップの強化によってリソースやケイパビリティを補完し、エコシステム全体としての成長を目指すべきである」と、IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us