TECH SUPPLIER Nov 2021 - Market Perspective - Doc # JPJ47046521

2021年 国内電子サイン市場動向: 進行する電子サインの利用環境整備とeKYCの概要

By: Saki OhtaMarket Analyst, Software & Security, IDC Japan, Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、コンテンツ管理アプリケーションの中のドキュメントアプリケーションに含まれる「電子サインソフトウェア」の国内市場動向の調査結果を述べる。2020年初頭に生じた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を契機としたリモートワークの必要性の高まりや、押印のための出社問題を契機とした電子サインに関連した電子署名法などに関する政府見解が相次いで公表され、2020年における国内電子サイン市場は急拡大した。IDCでは『2020 国内電子サイン市場動向COVID-19を契機に拡大する利用気運(IDC #JPJ46833120、2020年10月発行)』を発行し、国内電子サイン市場の動向調査を実施したが、当該レポート発行以降も2020年12月の内閣府による地方公共団体の行政手続きにおける押印見直しマニュアルの公表、2021年1月の労働者派遣契約の電子化解禁および地方自治法施行規則の改正による利用可能な電子サイン種類の拡大、同年5月のデジタル改革関連法の成立(9月施行)など、電子サインの適用範囲拡大のための利用環境整備が進んでいる。

「今後電子サインを前提とした契約様式が国内に定着するために、ITサプライヤーは電子サインの適用可能範囲および利用シーンに即した標準ユースケースの提示、他業種への波及効果が期待できる公共/金融における電子サインの利用拡大、電子サイン導入を起点としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に関するコンサルティングを積極的に行うべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのマーケットアナリストである太田 早紀は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us