TECH SUPPLIER Mar 2022 - Market Perspective - Doc # JPJ47048421

2022年 国内IoT Edge Security市場動向

By:

Kenichi Akama
Loading
Abstract

本調査レポートでは、高度化、複雑化するIoT(Internet of Things)ネットワーク/エッジセキュリティ市場を調査し、市場動向、関連する製品/サービスを提供する企業の製品戦略について分析した。IoTデバイス/センサーの増加と多様化に伴い、IoTエッジで大量のデータ処理と分析を行うようになった。そのため、IoTエッジの重要性の高まりは、サイバー攻撃の標的としてリスクを増加させ、セキュアなIoTビジネス推進のためには、複合的なセキュリティ対策が不可欠である。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである赤間 健一は「IoTネットワーク/エッジの重要性が高まり、サイバー攻撃からエッジサーバーとデータを保護するため、複合的なセキュリティ対策が不可欠となった。サーバーセキュリティ、ネットワークセキュリティ、アイデンティティアクセス管理、データ保護など、各セキュリティベンダーおよび製品が連携したセキュアなエコシステムによって、IoTシステムを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)が促進される」と述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Internet of Things and Intelligent Edge: Security (Japanese Version) , Japan Internet of Things and Intelligent Edge: Security (Japanese Version with Key English Language Reports)


Companies Covered

Trend Micro Incorporated, NEC Corporation, Microsoft Corporation


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Cognitive/artificial intelligence, Endpoint security, Infrastructure as a service, Internet of things, Network security


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us