TECH SUPPLIER Apr 2022 - Market Forecast - Doc # JPJ47865722

国内通信サービス市場予測、2022年~2026年

By:

Yoriyuki Yamashita
Loading
Abstract

本調査レポートは、国内通信サービス市場に関する2022年~2026年の市場予測と今後の展望を提供する。2021年の国内通信サービス市場は、昨年に引き続きL3ベストエフォート型WANとイーサネット専用線が他のサービス種別よりも高い成長を遂げた。5G回線数、パブリッククラウド接続用途WANサービス、IoT通信サービスの成長も堅調である。今後も、クラウドマイグレーションや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を契機とした在宅勤務の拡大によるトラフィックの増大を背景として、上記に挙げたセグメントを中心に成長を続けると予測している。

「法人向けWANサービス市場では、セグメントによって成長率の差が顕著であり、成長の見込めるベストエフォート型やデータセンター間接続などのセグメントに注力すべきである。5G端末の普及と高速通信エリアの拡大はモバイル通信サービスの在宅勤務での活用可能性を広げ、WANサービスとの一体提供の必要性を高めている。成長性の高いIoT(Internet of Things)通信サービスの分野においては、デジタルトランスフォーメーション(DX)プロジェクトにおいて、より上流工程である経営改善提案の能力を持つことが事業者にとって重要である」とIDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである山下 頼行は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us