TECH SUPPLIER Sep 2022 - Market Perspective - Doc # JPJ47866922

2022年 国内マルチクラウドデータ管理市場 マーケット構造とベンダー分析

By:

Yasusuke Suzuki
Loading
Abstract

本調査レポートでは、国内データサービス市場が、マルチクラウド化などのIT進化や規制や行動規範が変化する社会の影響を受け、どの方向に発展しているのかについて分析している。AI(Artificial Intelligence:人工知能)/機械学習、ビッグデータ分析/処理技術などのテクノロジー進化に加え、クラウドサービスの普及やIoT(Internet of Things)の利用拡大に伴うデータ運用環境の分散傾向が進んでいることで、データ運用管理の要件やデータ利用によるビジネス貢献として求められることは多様化している。このような情勢の中で、データサービス市場の構造、関連市場からの影響、ユーザー需要、ベンダー動向を分析し、ITサプライヤーがビジネス戦略を立案する際に考慮すべき点を提言している。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は「複数のクラウドサービスを利用することが一般化する中で、ユーザー企業は分散したIT運用環境の下で、データ活用の競争力強化とデータ管理の効率や安全性の向上を求められている。現在、急速に進んでいるAI/機械学習やプライバシーテックなどの技術革新にも影響を受け、データサービス市場はさらに活性化するであろう」と分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us