TECH SUPPLIER Jun 2022 - Market Share - Doc # JPJ47872022

国内クライアント仮想化市場シェア、2021年: ハイブリッドワーク時代へ向けて

By:

Hiroshi Shibutani
Loading
Abstract

本調査レポートでは、2021年の国内クライアント仮想化市場について分析し、同市場が現在置かれている状況を明確にすると共に、リーディングベンダーの動向や市場の変化をまとめている。

IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである渋谷 寛は、「2022年は、すでに「ネクストノーマル(The Next Normal:次なる常態)」に突入している。従来の働き方を個社/社員ごとに適合させたハイブリッドワークとそれを支援するエンドユーザーコンピューティングが求められている。ハイブリッドソリューションへ進化するクライアント仮想化を、企業のIT環境に適合させることが重視される。そのためには0.5歩先を見据えた新しいユースケース創出が需要拡大へとつながる」と指摘している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us