TECH SUPPLIER May 2022 - Market Forecast - Doc # JPJ47877822

国内AIシステム市場予測、2022年~2026年

By:

Nobuko Iisaka
Loading
Abstract

本調査レポートは、国内AIシステム市場の2021年の実績と2022年~2026年の予測(エンドユーザー支出額ベース)について2022年4月前半までに収集した情報を基にまとめている。2021年のAI(Artificial Intelligence:人工知能)システム市場は2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、いったん停滞したプロジェクトの再開による反動、AIによってデジタル商機の活路を見出そうとする企業によって数多くのPOC(Proof of Concept)が取り組まれた結果、市場規模は前年比26.3%増で成長した。

企業がITオートメーション、品質管理、サプライチェーンなど経営に直結するあらゆる業務プロセスにAI機能を拡張させている。その結果AIの推論モデルのインプットとなるデータは質、量共に増えている。また、クラウドファーストの一般化によって推論モデルが各種クラウド環境に実装され、オンプレミス環境と併せてAIシステムのインフラ環境の分散化が進んでいる。つまり、市場プレイヤーであるベンダーも同時に多様化が進んでいると言える。そのことは、ベンダーにAIのエコシステムのプレイヤーと協力し顧客にソリューションを提供しつつ、同時に自社の適正な競争優位性の確立を迫ることになる。

「成長期にある市場において企業のAI技術の採用が急速に進み、データやシステムの最適な在り方が問われている。ベンダーは技術トレンドを注視し、複数のシナリオを用意して自社の戦略の定期的な点検を怠ることなく市場機会の獲得能力を高めるべきである」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである飯坂 暢子は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us