TECH SUPPLIER Dec 2021 - Market Forecast - Doc # JPJ47879922

国内情報セキュリティソフトウェア市場予測アップデート、2021年~2025年

By:

Takashi Manabe
Loading
,
Kenichi Akama
Loading
Abstract

本調査レポートは、半期ごとにソフトウェア市場を集計しているIDCの調査データ「Worldwide Semiannual Software Tracker 2021H1」を基に、国内情報セキュリティソフトウェア市場の2021年~2025年の市場予測をアップデートしたものである。2020年初頭から発生している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、国内IT市場環境は大きく変化し、多くの企業で働き方がオフィス勤務からリモート/在宅勤務に移行した。この結果、クライアントデバイスへのマルウェア感染や企業システムへのセキュリティ侵害、IDの不正利用などのセキュリティリスクに対する警戒感が強まった。

「企業はステークホルダーからデータオリエンテッド(データ志向)な経営を求められている。その反面、データセキュリティ、データガバナンスの確保は、企業の社会的責任となっており、二律背反の状況が起こり得る。ITサプライヤーはユーザー企業に対して、アプリケーション保護、機械学習を応用したリスクアセスメントやセキュリティ侵害検知の迅速化を訴求することが重要なトレンドとなる」と、IDC Japanのグループディレクターである眞鍋 敬は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us