TECH SUPPLIER May 2022 - Market Forecast - Doc # JPJ47880122

国内情報セキュリティ市場予測、2022年~2026年

By:

Takashi Manabe
Loading
,
Kenichi Akama
Loading
Abstract

本調査レポートは、国内セキュリティソフトウェア市場とセキュリティアプライアンス市場、国内セキュリティサービス市場の2022年~2026年の市場規模予測を提供している。2020年初頭から継続している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は2021年に入っても収束には至らず、国内経済状況や国内IT市場環境に大きな影響を及ぼしている。グローバル経済状況や大規模イベント、政変/戦争などの外部要因とハイブリッドワークの拡大や企業/消費者のデジタルシフトなどの国内要因によってサイバーリスクが2021年には増大し、数多くのインシデントが報告された。この結果、クライアントデバイスへのマルウェア感染や企業システムへのセキュリティ侵害、IDの不正利用などのセキュリティリスクに対する警戒感が強まり、2021年の同市場は阻害要因よりも促進要因が上回ったとIDCでは推定している。

「市場のデジタルシフトによって、ビジネス/消費者から発生するデータが増大している。企業はデータオリエンテッドな経営を進めているが、一方でデータセキュリティ、データガバナンスの確保はサステナビリティと共に企業の社会的責任になりつつある。ITサプライヤーはユーザー企業に対して、企業のデジタルトラストをセキュリティ観点から見直す訴求を行い、企業内のセキュリティワークフローに機械学習による侵害検知などの新たなテクノロジーの適用を推進することが重要なトレンドとなる」と、IDC Japanのグループディレクターである眞鍋 敬は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us