TECH SUPPLIER Aug 2021 - Special Study - Doc # JPJ48053521

2021年 国内企業のFuture Enterprise化動向: デジタルレジリエンシー構築に向けて

By: Yukiharu YorifujiResearch Vice President, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、大規模な外部環境変化が継続的に起きる「ネクストノーマル(The Next Normal:次なる常態)」と呼ばれる状況において、企業が身につけるべき能力「デジタルレジリエンシー」と、それを身につけた結果として企業が目指すべき「Future Enterprise(未来の企業:フューチャーエンタープライズ)」を説明したものである。併せて、国内および世界の企業の「デジタルレジリエンシー」の獲得状況に関する調査結果も掲載している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)は、企業の経営環境に大きな影響を及ぼしたが、この変化が最後の大規模な変化であるとは誰にも言えない。来るべき新たな「破壊的」外部環境変化に対しても適応し、その中で成長の糧を見つけていける企業こそが長期に渡り繁栄できる。「デジタルレジリエンシーとは、破壊的な外部環境変化に「適応」するだけではなく、「成長」もできる組織能力である。国内企業は組織全体でのこういった能力の獲得を目指し、組織のあらゆる機能やプロセスを見直す必要がある」と、IDC Japanのリサーチバイスプレジデントである寄藤 幸治は述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Road to the Future Enterprise 2021: Establishing Digital Resiliency Capabilities


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Collaborative applications, Customer relationship management applications, Digital innovation, Digital transformation, Future of work, IT operations and implementation, Internet of things


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us