By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Masaaki Moriyama

Group Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Masaaki Moriyama is Group Director of IDC's Japan Enterprise Infrastructure, and PC, Mobile & Client Solution Group. Masaaki and his team of analysts provide timely and industry-leading insight and analysis of the IT industry in Japan. He leads research in disk storage systems market, storage network infrastructure, storage virtualization, storage usage trends in end user. Masaaki launched and established Japan storage related research programs and conference "Japan Storage Vision". He also undertakes IDC's Japan custom research, multi-client studies, and consulting projects on storage industry trends, product requirements, and marketing strategies.

Masaaki is a frequent speaker at conferences in IT industry in Japan.

He has more than 20 years experience in research and consulting. Prior to joining IDC, Masaaki spent more than 10 years at Yano Research Institute in Japan as manager and analyst on storage and electronic components.

Masaaki holds a Bachelor of Literature from the Chuo University, Japan.

ストレージインフラ支出の多様化が進んでいる。本調査レポートでは国内企業を対象としたユーザー調査を通して、ストレージ支出の多様化をCAPEX(Capital Expenditure:資本支出)モデルとOPEX(Operating Expenditure:運用支出)モデルの観点から把握することを目的にしている。また、OPEXモデルではクラウドサービス利用が主流であるが、クラウドサービスに加え、従量課金サービスも対象にしている。また、「ストレージインフラ」としてのクラウドサービスに...
本調査レポートは、IDCが2017年12月に実施したストレージインフラ支出とデータマネジメントに関するユーザー調査「2018年 国内ストレージ需要動向調査」の調査結果から抜粋して分析を加えたものである。本調査レポートでは、オールフラッシュアレイの導入済みのユーザー企業の評価について、応答時間の速さ、パフォーマンス、可用性/信頼性、運用管理の容易さ、データサービス機能、低消費電力化、ベンダーのサポート、システムコスト、設置面積の削減の9項目の観点から分析している。
More results