By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Masaaki Moriyama

Group Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Masaaki Moriyama is Group Director of IDC's Japan Enterprise Infrastructure, and PC, Mobile & Client Solution Group. Masaaki and his team of analysts provide timely and industry-leading insight and analysis of the IT industry in Japan. He leads research in disk storage systems market, storage network infrastructure, storage virtualization, storage usage trends in end user. Masaaki launched and established Japan storage related research programs and conference "Japan Storage Vision". He also undertakes IDC's Japan custom research, multi-client studies, and consulting projects on storage industry trends, product requirements, and marketing strategies.

Masaaki is a frequent speaker at conferences in IT industry in Japan.

He has more than 20 years experience in research and consulting. Prior to joining IDC, Masaaki spent more than 10 years at Yano Research Institute in Japan as manager and analyst on storage and electronic components.

Masaaki holds a Bachelor of Literature from the Chuo University, Japan.

本調査レポートは、国内エンタープライズストレージシステム市場の2017年の実績に基づいて2018年~2022年の予測を行っている。実績、予測とも支出額と出荷容量の観点から分析している。IDC Japanのグループディレクターである森山 正秋は「ストレージベンダーはストレージの支出モデル(コンサンプションモデル)の多様化に対応した戦略を構築する重要性が増している。製品やソリューションを再構築するだけではなく、ストレージインフラ支出のCAPEXモデルからOPEXモデルへのシフトに...
第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル技術)を活用して、企業の新しい価値を創出し、競争優位を確立するデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えつつある。本調査レポートでは、DXに取り組むに当たり、ITバイヤーが抱えている阻害要因について、経営課題の共有およびテクノロジーの活用に関する認識や、DX関連テクノロジーの活用実態の分析を通して考察している。また、本調査レポートではインフラストラクチャのシステムタイプとい...
More results