By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Mitsuhiro Iriya

Research Manager, Software & Security, IDC Japan

Mitsuhiro Iriya is Research Manager of IDC's Japan Software and Security Group, based in Tokyo. In this role, he is responsible for the analysis of system infrastructure software markets in Japan. His major areas of interest include system and network management software, operating system, virtualization software and open source software. His coverage includes market forecasts, vendor competitive and strategic analyses, and end-user trends.

Prior to joining IDC, Iriya worked at Samsung Japan where he managed market research projects covering the Japanese electronics industry. Prior to Samsung Japan, he worked at a domestic research company where he was responsible for the research of software markets.

Iriya holds a Master of Engineering from Chuo University, Japan.

本調査レポートは、国内ソフトウェア市場における2016年の実績と2017年~2021年の予測を提供している。国内ソフトウェア市場は2017年以降も堅調な成長を続けるとみている。これからの数年間は、働き方改革や新税制への対応、2020年に開催される東京オリンピック/パラリンピックに向けたソフトウェアやクラウドへの新たな投資を追い風にして市場機会を獲得し、ソフトウェア/クラウドビジネスを成長させる大きなチャンスである。そこでは、ソフトウェアやクラウドを活用したDXの実現を顧客企業...
Market Analysis Perspective: 国内DevOpsソリューション市場 2017年

Nov 2017 - Market Analysis Perspective - Doc # JPJ41786217

by: Mitsuhiro Iriya

本プレゼンテーションでは、国内のDevOpsソリューション市場の概況とユーザー動向、将来展望について分析を行っている。本プレゼンテーションは、IDCの調査レポート『2017年 国内DevOps市場 ユーザー動向調査(IDC #JPJ41781117、2017年10月発行)』と調査データ『Japan Software Tracker 2H16 Forecast(2017年5月発行)』の調査結果を基に作成した。
More results