By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Tomoaki Nakamura

Vice President, IDC Japan Research

Tomoaki Nakamura has more than 25 years of experience in various systems including operating systems, embedded systems, semi-conductor systems, computer control systems, storage systems and automotive infotainment systems. Tomoaki is responsible for all research activities in Japan. He also leads product management team there.

Before joining IDC, He served as CTO of HCX corporation, subsidiary of Hitachi and Clarion, where he lead the development of car infotainment system hardware and software platform. Before HCX, he lead the go to market activities for Storage Management Software in Hitachi Data Systems, Santa Clara as SVP of business development.

Prior to Clarion and Hitachi Data Systems, Tomoaki started his IT career as a real-time UNIX OS designer at Hitachi. His team released the first commercial UNIX workstation into Japan market in as early as 1981. He continued to expand his coverage to all flavors of OSs like HP-UX, AIX, Solaris, Linux, VxWorks and WindowsNT via joint development activities with major IT vendors. He got the award of excellence from IBM, Austin for his contribution to IBM Micro Kernel Project there. His highly reliable software platforms have been used in thousands of world-wide systems like power plant control systems in South Africa , transportation control systems in Japan and China, automotive manufacturing systems in Detroit and stock exchange systems in Japan. Not only for server systems, but for client devices like car navigation devices. BMW 7 series is using car navigation LSIs and software of his design.

Tomoaki graduated from Stanford University with a Master's degree in Computer Science. He also holds a Master degree of engineering from University of Tokyo in Nuclear Engineering.

2016年9月7日(日本時間8日)、iPhone 7の発表イベントにおいてアップルはiPhone 7へのFeliCa搭載とApple Payサービスの2016年10月の導入を発表した。iPhone 7ではカメラ機能の強化と防水仕様によって、Androidデバイスに対する技術面での遅れを取り戻したことが注目されているが、本調査レポートでは、すでに成熟期にある国内モバイルペイメント市場やFinTech市場をApple Payがどのように再定義する可能性があるかについて考察する。
共創の場を創設する動きは今後、多くのITサプライヤーでも活性化するとみられる。「推進上の重要なポイントは2点ある。一つは経営幹部の理解と資金的な支援。もう一つは、ハッカソンやアイデアソンに対する社内の理解である。ともすると遊びとも見られかねない活動が実際には、効率的かつ創造的に問題解決を行うプロセスになっていることを実感するには、参加してみるよりほかはない。参加したマネージャーが部下をハッカソンに参加するように奨励するような動きを加速することが社内文化のマインドチェンジのため...
本Conference: Tech SupplierはIDC Japanのリサーチバイスプレジデントである中村 智明による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。DXエコノミーの台頭が海外で話題になっている中で、国内企業の状況はどこまで進んでいるのであろうか。本講演では海外と国内を対比し、DXの現状を成熟度やユースケース視点を含むさまざまな角度から検証する。また、DXを実現するためのIT技術であるイノベーションアクセラレーターや第3のプ...
More results