By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Shintaro Kusachi

Senior Market Analyst, Software & Security, IDC Japan

Shintaro Kuschi is a Senior Market Analyst of IDC's Japan Software & Security Group, based in Tokyo. In this role he is responsible for the analysis of Big Data / Analytics software in Japan. His primary area of coverage includes Relational Database Management System (RDBMS) and Application Server software. His coverage includes market trend and forecast, vendor competitive and strategic analysis and end-user trend.

Prior to joining IDC, Kusachi has more than 10 years of IT industry experience, which includes Trend Micro where he was responsible for business development in cloud computing market. Before Trend Micro he worked at Sun Microsystems, ACCA Networks and Nissho Electronics as a product marketing specialist.

Kusachi holds a Bachelor's degree of Economics from Keio University, Japan.

本調査レポートは、IDCが2018年1月に実施した、国内企業のビッグデータ/アナリティクスソフトウェアの利用に関する「2018年 国内ビッグデータ/アナリティクス市場 企業ユーザー調査」の調査結果から抜粋し分析を加えたものである。本調査レポートには以下の調査項目が含まれる。国内企業ユーザーのデータアナリティクス分野におけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況データアナリティクス分野においてOSSを利用する企業が感じる利点
本プレゼンテーションは世界と国内のアナリティクス/インフォメーションマネジメント市場において、2018年~2021年に発生する主要な10項目の予測(Predictions)について議論する。なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのシニアマーケットアナリストである草地 慎太郎は、「機械学習によるさまざまなワークロードの自動化はデ...
More results