By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Software and Security Team

Mitsuhiro Iriya

Research Manager, Software & Security, IDC Japan

Tsuneo Tosaka

Research Manager, Software & Security, IDC Japan

Takashi Manabe

Group Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

Shintaro Kusachi

Senior Market Analyst, Software & Security, IDC Japan

New Research

本プレゼンテーションは、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ/ITスペンディングのグループディレクターである眞鍋 敬による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。2018年から2020年にかけて、企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じてデジタルビジネスを主力事業とするデジタルネイティブ企業へと変革する動きが加速するとIDCでは予測している。ただし、その過程においては、多くの企業が新たなセキュリティの脅威とリスクに...
本プレゼンテーションは、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。サイバー攻撃は、ランサムウェアの拡大によって、システム破壊にまで至る脅威となっている。そして、第3のプラットフォームを活用したDXの進展によってデータへの価値が高まる中、EUのGDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)などデータ...
Market Analysis Perspective: Japan Cognitive/AI System, 2018

Apr 2018 - Market Analysis Perspective - Doc # JPJ42858118

by: Takashi Manabe

本プレゼンテーションは、国内コグニティブ/AI(Artificial Intelligence:人工知能)システム市場に関連する市場動向(2016年の実績に基づく)、ユーザー企業の動向、市場予測(2017年~2021年)を提供する。IDCでは、国内コグニティブ/AIシステム市場の調査レポートを年間情報提供サービスとして提供している。このサービスでは、国内の企業向けコグニティブ/AIシステムに関連するテクノロジー別市場、産業分野別市場およびユースケース別市場を定義し、各市場の動...
本調査レポートは、IDCが2018年1月に実施した、国内情報セキュリティに関するユーザー調査の結果から抜粋し分析したものである。本調査レポートでは、以下に示した外部脅威対策でのクラウドサービスの利用の検討状況を従業員規模別に分析し、クラウドサービスの利用と従業員規模との関係性を考察した。L7レベルのファイアウォールウイルス対策(PC)非シグネチャ型エンドポイントセキュリティ非シグネチャ型ゲートウェイセキュリティスパム対策URLフィルタリングWebアプリケーションファイアウォー...
本調査レポートは、国内企業/団体におけるビッグデータ/アナリティクスに関する導入の状況や、データアナリティクスに対する取り組みを行っている企業/団体における利用目的や組織/人材の状況、新技術への取り組み状況などについて、IDCが2018年1月に実施したユーザー調査の結果を基に分析を行ったものである。「データアナリティクスへの企業の取り組みは前回の調査からいっそうの進展が見られた。なかでも大企業を中心にデジタルトランスフォーメーション(DX)への活用が進んでおり、積極的な予算配...
本調査レポートは2018年1月に実施した情報セキュリティ対策の実態調査に基づき、官公庁を含めた国内の企業/組織812社の導入実態と今後の方向性について、分析した結果をまとめたものである。ITサプライヤーの戦略策定、開発計画、マーケティング活動に資する分析を提供するため、情報セキュリティ対策をすでに導入している企業だけでなく、導入を検討している企業についても調査を行っている。そして情報セキュリティ対策の導入状況を15項目に分けて分析している。また情報セキュリティサービスの利用状...
2018年 IDC 情報セキュリティ市場定義

Feb 2018 - Taxonomy - Doc # JPJ42860018

by: Tsuneo Tosaka

本調査レポートは、情報セキュリティ市場に関するIDCの分類法について詳しく説明したものである。2018年のIDCの情報セキュリティ定義では、「ソフトウェアライセンス」「仮想化」「アプライアンス」「SaaS」の4つをプラットフォームとして横断的に捉えている。この市場定義は、2018年にIDCが発行する情報セキュリティ市場の市場予測やマーケットシェアといった国内情報セキュリティ市場調査レポートに適用されるものである。「IDCの市場分類方法を使用することによって、世界のセキュリティ...
本調査レポートは、IDCが2018年1月に実施した、国内企業のビッグデータ/アナリティクスソフトウェアの利用に関する「2018年 国内ビッグデータ/アナリティクス市場 企業ユーザー調査」の調査結果から抜粋し分析を加えたものである。本調査レポートには以下の調査項目が含まれる。国内企業ユーザーのデータアナリティクス分野におけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況データアナリティクス分野においてOSSを利用する企業が感じる利点
IDC Japanでは、その年のICT市場を占うTop 10 Predictions(10大予測)を発表し、その内容をPredictionsイベントにおいて講演している。本Event ProceedingはIDC Japanのソフトウェア&セキュリティ/ITスペンディング グループディレクターである眞鍋 敬による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。2017年までの国内コグニティブ/AIシステム市場は、実証実験のフェーズが主流であった...
This IDC study provides a detailed description of IDC's Worldwide Semiannual Smart Cities Spending Guide methodology and taxonomy. It should be used as a companion piece for IDC's Worldwide Semiannual Smart Cities Spending Guide and all of ...