By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Infrastructure Solutions Team

Masayuki Shimokawabe

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Masaaki Moriyama

Group Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Yasusuke Suzuki

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Satoshi Fukutomi

Group Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Yukihisa Hode

Senior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Shinya Kato

Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

New Research

Pure Storage AIRI:AIインフラストラクチャ導入の最短ルートピュア・ストレージ・ジャパン(以下、ピュア・ストレージ)は2018年4月5日、AIに適した業界初の統合インフラストラクチャとして「AIRI(アイリ)」を発表した。本調査レポートでは、アクセラレーテッドコンピューティング向けのインテグレーテッドインフラストラクチャである同製品について、IDCの視点から考察を加える。
第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル技術)を活用して、企業としての新しい価値の創出や競争優位の確立を目指すデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展がITインフラの選定に影響を与えている。本調査レポートは、2018年2月に実施したエンタープライズインフラストラクチャに関するユーザー調査データを基にDXの進展がITインフラの選定に与える影響を分析する。具体的には、DXの進展やパブリッククラウドの普及に伴うITインフラ選定基準...
本調査レポートは、IDCが2018年2月に実施した、国内におけるハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の利用動向に関するユーザー調査の結果から抜粋し、分析したものである。本調査レポートでは、HCIの利用状況を、従業員規模別(大企業と中堅中小企業)に分析している。利用状況については、利用中、1年以内に利用を計画、2年以内に利用を計画、利用を計画しているが時期未定、利用する計画はない、HCIを知らない、分からないの7項目に分けて調査を行った。
本調査レポートでは、富士通が2018年1月に発表した、リクルートコミュニケーションズとの「デジタルアニーラ」を利用したマーケティングテクノロジーにおける共同研究について、IDCの視点で分析する。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのマーケットアナリストである加藤 慎也は、「デジタルアニーラのユースケースは、今後もユーザーの認知向上によって増加し得る。富士通は、需要創出への取り組みによって市場でのリーダーシップを示し、アクセラレーテッドコンピューティング市場...
本調査レポートは、IDCが2018年2月に実施した、国内エンタープライズインフラストラクチャの選定に関するユーザー調査の結果から抜粋し、分析したものである。本調査レポートでは、現在と2年後の仮想サーバーを含めたサーバー台数について、稼働環境別の構成比を分析している。調査対象とした稼働環境は、個別構築したオンプレミスインフラ、コンバージドインフラ(CI)、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)、ホスティングサービス、プライベートクラウドサービス、パブリッククラウドサービスの6項...
NVIDIA GTC 2018:アクセラレーテッドコンピューティングを加速NVIDIAは2018年3月26日(日本時間3月27日)、米国カリフォルニア州サンノゼで「GPU Technology Conference 2018(GTC2018)」を開催した。Keynote Speechを中心に新たな製品/技術の発表が行われた。本調査レポートでは、アクセラレーテッドコンピューティング向けの新たな製品/技術の発表について、IDCの視点で考察する。
第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル技術)を活用して、企業の新しい価値を創出し、競争優位を確立するデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えつつある。本調査レポートでは、DXに取り組むに当たり、ITバイヤーが抱えている阻害要因について、経営課題の共有およびテクノロジーの活用に関する認識や、DX関連テクノロジーの活用実態の分析を通して考察している。また、本調査レポートではインフラストラクチャのシステムタイプとい...
本調査レポートは、IDCが2018年2月に実施した、国内エンタープライズインフラストラクチャの需要動向に関するユーザー調査の結果から抜粋し分析したものである。本調査レポートでは、下記の調査結果から、ミッションクリティカル用途での主要サーバーベンダーの、AI/ビッグデータ領域における採用状況(ペネトレーション)について考察した。最もミッションクリティカルの度合いが高い基幹業務システムで採用しているサーバーの主要ベンダー/ブランド主要なAI/ビッグデータ用ITリソースやサービスで...
本調査レポートでは、国内ファイル/オブジェクトストレージ市場における支出額と出荷容量について、2018年~2021年の予測を行っている。IDC Japanエンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである宝出 幸久は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴って、データが急速に増加すると共に、ビジネス価値の創出を目的としたデータ活用の重要性が高まる。ITサプライヤーは、データの急速な増加や、IoT関連のデータや動画などの新たな大容量データ管理に...
本プレゼンテーションは、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ/PCsのグループディレクターである森山 正秋による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるため、ストレージインフラ支出のトランスフォーメーションが進んでいる。その結果、ストレージインフラ支出は従来型アプライアンスからSoftware-Defined Storage、コンバージドシステム、ハイパーコン...