By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

06 Nov 2018

国内プライベートクラウド市場予測を発表



Japan, 2018年11月6日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内プライベートクラウド市場予測を発表しました。これによると2017年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比40.6%増の4,223億円となりました。同市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は37.6%で推移し、2022年の市場規模は2017年比で4.9倍の2兆851億円になるとIDCは予測しています。

現在、国内市場では「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」へと、クラウド戦略を変更する企業が増加しています。この背景には、パブリッククラウドの「セキュリティ」に対する漠然とした懸念が解消されると共に、従来型ITからのパブリッククラウドへの移行を支援するツールやサービスの拡充などを挙げることができます。企業におけるクラウド戦略の見直しは、国内クラウド市場に大きな影響を与えています。これまでの国内市場では、パブリッククラウドとプライベートクラウドは「補完」しながら、国内クラウド市場の成長を促してきました。しかし、パブリッククラウドの発展が、プライベートクラウド市場の成長を阻害する要因へと変化しています。一方、基幹系システム領域では「過去資産(ソフトウェア、データ、ITスキル)の継承性」や「柔軟な運用性」を重要視し、パブリッククラウドではなくプライベートクラウドを選択する企業は多く、国内プライベートクラウド市場の成長を促進しています。

プライベートクラウドでは、基幹系システムの従来型ITからの移行だけではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に対する関心も高まっています。なかでも、効率化を目的とした「産業特化型の共同センター」から「クラウドによる効率化と、DXの基盤」となるインダストリークラウドは高い成長が見込まれます。また、ハイブリッドクラウドと相性が良く、優れた管理性を有する「ハイパーコンバージドシステム」への注目も高まっています。これらの動向が、今後の国内プライベートクラウド市場の成長を促進するとIDCは予測しています。

国内市場では、すでに複数のクラウドを利用するマルチクラウドが浸透しています。しかし、クラウドごとの個別導入に留まることが多く、運用管理の効率化やガバナンス/セキュリティの強化といった課題が顕在化しています。複数のクラウドを統合的に運用管理するハイブリッドクラウドでは、高い柔軟性を有するプライベートクラウドが、その核としての重要性が高まっています。「人の知見/労働力を活用すれば運用管理の柔軟性を高めることは可能である。しかし、運用管理の効率化や、ガバナンス/セキュリティを強化するためには、ソフトウェアを活用した自動化は欠かせない。また、運用管理だけではなく、開発の自動化を合せて強化することがベンダーには求められている」と、IDC Japan ITサービス リサーチディレクターである松本 聡 は分析しています。

今回の発表はIDCが発行したレポート国内プライベートクラウド市場予測、 2018 年~ 2022 年 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内プライベートクラウド市場の概況や動向を分析し、セグメント別に2018年~2022年の市場予測をまとめています。





<参考資料>

国内プライベートクラウド市場 支出額予測、2017年~2022年

Source: IDC Japan, 11/2018



Coverage

Regions Covered

Japan


Contact
For more information, contact:

jp-Press Japan
jp-press@idcjapan.co.jp
+81-3-3556-4768