By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

28 Nov 2018

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表

Japan, 2018年11月28日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ITサービス市場におけるITインフラストラクチャの設計/構築、アウトソーシング、サポート&トレーニング、セキュリティの各領域の影響を定量的に切り出した、国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表しました。これによると、2017年の国内ITインフラストラクチャサービス市場規模は2兆5,315億円、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は1.1%と予測しています。

ITインフラの設計/構築を中心とするITインフラストラクチャコンサルティング&インテグレーション市場は、既存システムの更改/入れ替えをきっかけとしたクラウドマイグレーションに伴うITインフラ再構築の需要などにより、2017年の前年比成長率は1.3%となりました。2018年以降、成長率は低下し、2021年にはマイナス成長になるとみられますが、2022年にはIoTなどのデジタルトランスフォーメーション(DX)領域でITインフラ整備の需要が期待できることなどから、再びプラス成長を示すとIDCではみています。2017年~2022年のCAGRは0.2%になるとIDCでは予測しています。

ITインフラストラクチャアウトソーシング市場は、クラウドやデータセンターサービスの利用拡大や、複雑化するITインフラ運用管理の外部委託需要などに支えられ、2017年の前年比成長率は3.1%と堅調でした。2018年以降もこの傾向は継続し、安定した成長率を維持して、ITインフラストラクチャサービス市場全体を牽引するセグメントになるとみられます。2017年~2022年のCAGRは2.7%になるとIDCではみています。また、ITインフラストラクチャサポートサービス市場は、引き続きハードウェアサポート&保守の縮小傾向の影響が強く、2017年~2022年のCAGRはマイナス1.1%になると予測しています。

ITインフラストラクチャセキュリティサービス市場は、多くの企業において情報セキュリティ対策に対する意識の高まりが持続していることから、2017年も5.5%の前年比成長率を示しました。この傾向は2018年以降も継続し、主にマネージドセキュリティサービスに牽引されて安定した成長率を維持するとみられます。2017年~2022年のCAGRは5.9%になるとIDCではみています。

企業の間でクラウドファーストの考え方が徐々にスタンダードになりつつある一方で、クラウドの利用拡大が必ずしも企業にとって負担の軽減につながらないという状況が起きています。「ITサービスベンダーは、海外のリソースも積極的に活用して企業のITインフラ運用管理の負担を軽減させつつ、基幹系システムのクラウドマイグレーションの需要を積極的に取り込むべきである」と、IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストである吉井 誠 一郎 は述べています。

今回の発表はIDCが発行したレポート国内 IT インフラストラクチャ サ ービス市場予測、 2018 年~ 2022 年 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内ITインフラストラクチャサービス市場の概況や動向を分析し、セグメント別に市場予測をまとめています。



<参考資料>

国内ITインフラストラクチャサービス市場 支出額予測: 2017年~2022年

Note: 2017年は実績値、2018年以降は予測

Source: IDC Japan, 11/2018

Coverage

Contact
For more information, contact:

jp-Press Japan
jp-press@idcjapan.co.jp
+81-3-3556-4768