By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

08 Jan 2019

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2018年第3四半期の実績を発表

Japan, 2019年1月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2018年第3四半期(7月~9月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表しました。これによると、2018年第3四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は449億5,600万円で前年同期比5.6%増となりました。

2018年第3四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが32億9,700万円で前年同期比48.4%減、オープンシステム向けが416億5,900万円で同15.1%増となりました。メインフレーム向けは2015年の大型更新のピーク以降、支出が低迷しています。オープンシステム向けは、ハイエンドとミッドレンジのプラス成長が貢献しました。

外付型ストレージへの搭載メディアでは、引き続きHDDからフラッシュへの移行が進みました。外付型の支出額のうち、オールフラッシュアレイ(AFA)は129億2,100万円で前年同期比28.4%増、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は164億5,300万円で同29.3%増となりましたが、オールHDDアレイは155億8,300万円で同21.2%減となりました。この結果、2018年第3四半期の外付型支出額に占めるAFAの比率は28.7%(前年同期23.6%)に上昇しました。また、外付型ストレージの売上額(Vendor Revenue)は426億9,900万円で、ベンダー別売上額の上位5社は富士通(シェア20.4%)、デル(15.2%)、日立製作所(14.7%)、ネットアップ(10.2%)、NEC(7.6%)でした。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストである加藤 慎也 は「オールフラッシュアレイは、ストレージベンダーの売上額でも四半期で100億円を超え、3割近いシェアを獲得した。AFAは成熟期に入りつつあり、プライマリーストレージの更改に際しては、AFAの採用が主流となる段階に達している。一方、ストレージベンダーがシェア拡大を狙うには技術以外の差別化が必要になるため、どのように自社のAFAをユーザーに利用してもらうか、エコシステムや提供方法などを見直すべきである」と分析しています。

※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。





<参考資料>

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第3四半期~2018年第3四半期

Source: IDC Japan, 1/2019

Coverage

Companies Covered

NetApp, Inc., Fujitsu Limited, Dell Inc., Hitachi, Ltd., NEC Corporation


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Serial ATA drive


Contact
For more information, contact:

jp-Press Japan
jp-press@idcjapan.co.jp
+81-3-3556-4768