By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

28 Jan 2019

国内産業用ネットワーク機器市場予測を発表

Japan, 2019年1月28日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表しました。これによると、成長を続ける国内産業用ネットワーク機器市場の中でも、2018年は産業用無線LAN機器市場が、他の製品セグメントを大きく上回る68.3%の前年比成長率で拡大したことが分かりました。

作業現場における無線技術の活用の進展が、産業用無線LAN機器市場の成長につながっています。工場内やプラント設備内での設備稼働状況や傾向の確認、さらには産業機器の設定などにおいて、作業者の利便性が高いことからモバイルデバイスの利用が増えています。また、移動型ロボットや無人搬送車など工場内/敷地内を移動する機器を活用するインフラとして、無線LAN環境を整備する動きも産業用無線LAN機器市場を押し上げています。こうした工場やプラント設備における無線LANの活用は今後ますます本格化し、産業用無線LAN機器市場は2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)で54.6%と高成長を続けると予測しています。

無線LANに加えて、産業用イーサネットスイッチと産業用ルーターを加えた国内産業用ネットワーク機器市場全体は、速度をやや落としながらも成長を続けています。IoT(Internet of Things)やスマートファクトリー化に対してどのように取り組むかは、依然として製造業を中心に国内企業の重要な課題の一つです。一方で、IoT市場初期の高揚感が落ち着きを見せ始めていることから、2018年の国内産業用ネットワーク機器市場は、前年比15.8%増と2017年の高成長からは一息ついた結果に終わりました。ネットワーク接続する「デバイス」である製造機械などの産業機器や、プラント/設備のライフサイクルが長いことが爆発的な成長につながり難い理由の一つになっています。

IoTや産業機械のネットワーク化に対する企業の意向は依然として強いことから、歩みは緩やかながらも、産業用ネットワーク機器市場は今後も成長を続けるとIDCではみています。「潜在的なネットワーク化需要の高さ」「ネットワークの高度化志向」「ネットワーク技術の共通化/イーサネット化志向」がけん引役になり、市場全体は2023年にかけてCAGR 19.4%で成長し、市場規模は239億円に達すると予測しています。

前述の通り、生産設備のライフサイクルは、IT機器のライフサイクルに比べて長期に及びます。このような市場特性を理解して「産業用機器のネットワーク化に対しては、企業ユーザーもベンダーも長期的に取り組むべきである。生産設備の入れ替えと共に産業用ネットワーク機器ビジネスも進展すると見越して、長期的計画の下でベンダーはビジネスを進めることをIDCは推奨する」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一 は述べています。

今回の発表はIDCが発行した国内産業用ネットワーク機器市場予測、 2019 年~ 2023 年 にその詳細が報告されています。本レポートでは、2023年までの製品セグメント別市場規模予測に加えて、主要産業分野別でも分析しています。また、産業用イーサネットスイッチ市場については、レイヤー/フォームファクター別に予測しています。



<参考資料>

国内産業用ネットワーク機器市場 売上額予測、2018年~2023年

Notes:

  • 産業用イーサネットスイッチ、産業用ルーター、産業用無線LANアクセスポイントの合計値。折れ線は前年比成長率
  • 2018年は見込値、2019年以降は予測値

Source: IDC Japan, 1/2019

Coverage

Regions Covered

Japan


Topics Covered

Wireless LAN infrastructure


Contact
For more information, contact:

jp-Press Japan
jp-press@idcjapan.co.jp
+81-3-3556-4768