By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

15 Feb 2019

最新の3D Printing Spending Guideを発表:2019年、3Dプリンティングに対する世界の支出額は138億ドルに達する

Japan, 2019年2月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界全体の3Dプリンティング市場の支出額予測を発表しました。最新のI DC Worldwide Semiannual 3D Printing Spending Guide では、2019年全世界の3Dプリンティング(ハードウェア、造形材料、ソフトウェア、サービス)の支出額は前年比21.2%増、約138億ドルに達するとしています。そして、5年間の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を19.1%、2022年には支出額が全世界で約227億ドルとなると予測しています。

3Dプリンティング支出額の大部分は3Dプリンターハードウェアおよび造形材料の支出で、2019年の支出額はそれぞれ53億ドルおよび42億ドルです。これら2つのセグメントを合算した支出額は、5年間の予測期間を通じて全支出額の3分の2以上を占める見通しです。次に大きいのは、38億ドルの3Dプリンティングサービスです。そして、オンデマンドパーツサービスおよびシステムインテグレーションサービスが続きます。成長率が高いのは、造形材料およびソフトウェアのセグメントで、5年間のCAGRは、それぞれ20.3%および17.1%で、市場全体の成長率を上回ります。

3Dプリンティングへの支出額が最も多い産業分野は組立製造業で、予測期間を通じて全支出額の半分以上を占めます。2番目は医療サービス関連で、2019年の支出額は約18億ドルです。そして、教育(12億ドル)、専門サービス(8億9,800万ドル)が続きます。一般消費者の支出額は6億4,700万ドルで、総支出額の5%未満です。なお、2022年にはプロセス製造分野が一般消費者セグメントを追い抜き、全体の5番目になるとIDCは予測しています。予測期間中に最も急成長する産業分野は、医療(29.8%のCAGR)および交通運輸(28.3%のCAGR)です。

3Dプリンティングの主なユースケースは、プロトタイプ、補修用パーツ、新製品用パーツです。この3つは、組立製造業における上位ユースケースであり、2019年時点では、これらのユースケースが全世界の支出額の43%を占めています。今後、医療サービス分野の支出増加に伴って、2022年には歯科用造形物および医療補助用造形物がそれぞれ4番目と5番目に大きいユースケースになります。その次は僅差で専門工具です。今後最も急成長が見込まれるのは、医療サービス分野のユースケースで、人工細胞/人工臓器/人工骨(42.9%のCAGR)および歯科用造形物(33.1%のCAGR)です。

米国IDC Customer Insights & Analysisリサーチマネージャーであるマリアン・ディーアクィラは「これまでの予測どおり、世界的に3Dプリンティングのユースケースの幅が広がっている」、「3Dプリンティングのユースケースが、製造業のプロトタイプ製作に限られていた初期の時代を過ぎ、多くの産業分野で急速に普及し始めている。そして、3Dプリンティングの費用対効果や、カスタマイズ造形物の利点が、様々な形で実感されるようになってきた。こうしたことが、製造業における補修用パーツ、医療における外科用モデル、専門サービスにおける建築設計支援といったユースケースの支出増加につながっている」と述べています。

また、米国IDC Hardcopy Peripherals & 3D Printing リサーチディレクターのティム・グリーンは「2018年、3Dプリンティング技術には進展が数多く見られた。急速な高速化に加え、造形材料の進歩によって、製造業の幅広い分野で3Dプリンティングを応用することが可能になりつつある」、「こうした利点を認識するユーザーが増えるにつれて、プロトタイプ製造やツール製造だけでなく、最終製品の製造といった新しい分野への3Dプリンティングの利用が広がってきている」と述べています。

2019年、合計支出額が最も多い地域は米国(約50億ドル)となる見通しです。そして、次が西ヨーロッパ(36億ドル)、中国(約20億ドル)の順です。5年の予測期間で、最も急成長が見込まれる地域は、中南米(25.3%のCAGR)および中国(21.6%のCAGR)です。なお、世界全体9つの地域のうち5つは、20%以上のCAGRとなるでしょう。

3Dプリンティングとは、デジタルモデルまたはデジタルファイル形式の設計情報をもとに、造形材料を連続的に積層することで物体や形を形成する技術です。Worldwide Semiannual 3D Printing Spending Guide では、世界9つの地域の20の産業分野で、15のユースケースに基づく3Dプリンティングの支出額データが提供されています。また、支出額を3Dプリンティング用ハードウェア、造形材料、ソフトウェア、サービス等に分割して分析することが可能です。IT意思決定者は、Worldwide Semiannual 3D Printing Spending Guideを活用することで、3Dプリンティング関連の支出について分析、将来の3Dプリンティング産業の方向性を明確に把握できます。

IDC Spending Guideについて

IDC Spending Guideは、主要テクノロジー市場の動向を、地域、産業、ユースケース、バイヤー、テクノロジーの観点から詳細に分析しています。IDC Spending Guideは、ピボットテーブル形式またはカスタムクエリツールによるセルフサービス型サービスとして提供され、ユーザーはデータのトレンドや関係を見ることによって、各市場に関する有益な情報を簡単に抽出することができます。

※本プレスリリースは2019年1月8日の米国IDC(マサチューセッツ州 フラミンガム)による発表の日本語訳をベースとしてします。

Coverage

Regions Covered

Japan


Topics Covered

3D printer, Global IT and economic markets, Printers


Contact
For more information, contact:

jp-Press Japan
jp-press@idcjapan.co.jp
+81-3-3556-4768