17 Dec 2019

IDC Storage Vision Japan 2020を開催

Japan, 2019年12月17日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2020年2月5日(水)、東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区)において、IDC Storage Vision Japan 2020を開催します。

新しいビジネス価値の創造、競争優位性の確立、ビジネスモデルの変革などを目的にデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む国内企業が増加しています。また、DXを推進するためにはAIやIoTなどを活用し、膨大で多様なデータの分析や解析からビジネスに寄与する価値を引き出すことが成功の鍵になります。それに伴い、DXを支えるストレージインフラとデータマネジメントの革新が強く求められています。

DXの要求を満たし、ビッグデータやAIの普及に対応したデータ管理基盤としての役割を果たすため、ストレージインフラは俊敏性や柔軟性の向上、高速化や迅速性の実現などにより、従来のボトルネックの解消が進みつつあります。すでに、オールフラッシュアレイ、Software-Defined Storage、ハイパーコンバージドシステムなどが国内においても本格的な普及期に入り、新しいストレージ技術(NVMe、SCMなど)も具体的な投資の検討対象に入ってきています。また、AIを活用した自律性の高いストレージインフラの導入も進みつつあります。

国内企業が生成し保有するデータ量は急速に増加し続けています。そのデータが保存される場所もオンプレミスだけではなく、クラウドを含めたハイブリッドクラウド環境に広がっています。また、IoTの普及に伴いエッジで処理/保存されるデータも急増しています。こうした複雑化した環境でDXに貢献するデータ活用を実現するためには、データの生成から収集、品質向上、保存、保護、分析、活用に渡るハイブリッドクラウド環境におけるデータマネジメントの革新が求められています。

今回で21回目を迎える「IDC Storage Vision Japan 2020」では、「データドリブン時代のストレージ新戦略」をテーマにDXにストレージインフラとデータマネジメントの革新がどのように貢献できるかを明確にすることで、ストレージ投資とデータマネジメントの新しい方向性を提言します。

IDC Storage Vision Japan 2020の各講演の演題、スピーカー、梗概につきましては、イベントWebサイト https://www.idc.com/jp/seminar/storage2020 をご覧ください。



IDC Storage Vision Japan 2020 開催概要(2019年12月17日現在)

テーマ    : データドリブン時代のストレージ新戦略

開催日時    : 2020年2月5日(水) 10:00~16:25

会場    : 東京コンファレンスセンター・品川 5階大ホール(東京都港区港南 1-9-36 アレア品川)

主催    : IDC Japan株式会社

来場予定    : 企業の経営層および情報システム部門を中心とした関係者約300名

Coverage