17 Dec 2020

2021年 国内IT市場の主要10項目を発表

Japan, 2020年12月17日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2021年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表しました。

2020年の国内IT市場は、新型コロナウィルスの感染拡大に大きく影響を受けました。それは、国内企業の業績悪化に伴うIT支出の減少というだけではなく、国内企業のデジタル化、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるという面も持っていました。リモート、コンタクトレス、ディスタンスなどが2020年のキーワードになる中で、クラウド、モビリティ、AI/機械学習、セキュリティなどが大きな役割を果たしました。

2021年は、これらの動きが定着するとともに、変化し続ける世界の中で企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する、「ネクストノーマル」の時代に入っていくと考えられます。デジタルテクノロジーの重要性はさらに高まり、企業にとってDXを実現していることが今後も成長を続ける前提条件である「デジタル優位」の社会が、数年後には訪れるとIDCではみています。こういった環境の中、IDCでは主にITのサプライサイドで2021年に起こるイベントを、以下の10項目にまとめました。



1. DXとFuture Enterprise:2021年の国内ICT市場は前年比1.1%増に留まるが、COVID-19を契機とした国内企業のDX支出は継続する。



2. AIによる自動化:コンタクトレスが組織横断的な業務プロセスの自動化を牽引しAIがサイロ化されたインテリジェンスをエンタープライズ全体に解き放つ。



3. 次世代インフラ:次世代インフラの台頭はベンダーやサービスプロバイダーの新たな競争環境を生み出す。



4. クラウドセントリックIT:DXを推進するデジタルレジリエンシーを強化するために、クラウドセントリックITが広がる。



5. セキュリティの進化:セキュリティの複雑化によって、統合されたエコシステムやプラットフォームフレームワークによるセキュリティソリューションの導入が加速する。



6. 5G:5Gタブレットの登場、ローカル5Gへの取り組みの加速、5Gエリアの拡大によって、新しい産業アプリケーションの可能性が広がる。



7. ソフトウェア開発革新:クラウドネイティブとローコード/ノーコードの進展が内製化を加速させ、ITサプライヤーにビジネスモデルの変革を迫る。



8. IT人材、IT組織:DXに向けた国内企業のIT人材やIT組織変革の流れは加速し、それに向けたITサプライヤーの支援サービスも強化される。



9. デジタルガバメント:国内のデジタルガバメントの進展によって、官民連携のデータ流通が加速しFuture of Industry Ecosystemsが形成される。



10. 非接触/非密集:ネクストノーマルに向けた非接触/非密集型ソリューションと、発生するリアルタイムデータ分析市場が成長する。



IDC Japan リサーチバイスプレジデントの寄藤 幸治 は、「新型コロナウィルスの感染拡大によって加速されたDXは、2021年以降の社会を大きく変えていく。ITサプライヤーは、こういった『ネクストノーマル』が顧客および自社にもたらすインパクトとその中で勝ち抜いていくための方法を、顧客と共に考えていくべきである」と述べています。

今回の発表はIDCが発行したJapan IT Market 2021 Top 10 Predictions にその詳細が報告されています。本レポートは、2021年の国内IT市場で注目すべき動向についてIDC Japanのアナリストが議論し、主要な10項目の事象を取り上げ、考察/展望としてまとめるとともに、ITサプライヤーへ向けた提言を行っています。

Coverage