10 May 2022

国内BPOサービス市場予測を発表

Japan, 2022年5月10日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場予測を発表しました。これによると、2021年の同市場は前年比5.1%増の8,856億円となり、2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は 3.9%、2026年の同市場規模は1兆717億円と予測しています。

国内人事BPOサービス市場の2021年の前年比成長率は4.7%でした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が、福利厚生領域のトランザクション型の売上やSMB(Small and Medium-sized Business:中堅中小企業)の新規顧客開拓に悪影響を及ぼし、市場は回復傾向にありますが、感染拡大前の成長水準にまでは戻っていません。2022年以降も、予測期間に渡ってこの傾向が継続し、堅調な成長は確保するものの、感染拡大前と比べると低い成長率に留まるであろうとIDCではみています。

国内カスタマーケアBPOサービス市場の2021年の前年比成長率は5.5%でした。COVID-19感染拡大に伴い、各種給付金やワクチン接種対応などのスポット案件の増加に加え、業務のオンライン化やeコマース、通販への取り組みの推進に伴うコールセンター強化などの動きも見られ、これらが市場の成長に寄与しました。2022年以降、スポット案件の部分は徐々に縮小していくものの、全体では予測期間を通じて堅調な成長は維持するとみられます。

国内財務/経理BPOサービス市場の2021年の前年比成長率は4.2%でした。COVID-19の感染拡大にも後押しされて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の一環としての高度なBPOサービスや、グローバルに統合された包括的なBPOサービスの需要が拡大しています。2022年以降もこの傾向は続き、他の領域に比べれば成長率は低めではあるものの、予測期間を通じて安定してプラス成長を維持するとIDCでは予測しています。

国内調達/購買BPOサービス市場の2021年の前年比成長率は4.8%でした。間接材では、COVID-19 感染拡大の影響でオフィス商品の取引量が減少した一方で、感染対策商品の取引量は増えており、これがトランザクション型の売上を支えました。いっぽう直接材では、DX の一環としてのBPOサービスの活用に取り組む企業が増加しました。2022年以降もこの傾向が継続し、予測期間に渡って堅調な成長を維持するとみられます。

COVID-19の感染拡大は国内BPOサービス市場に対して悪影響を与える一方、ポジティブな影響も及ぼしています。「BPOサービスベンダーは、COVID-19感染拡大の収束後を見据え、DX の一環としてのサービスおよび体制の拡充や、SMBをターゲットとしたBusiness Process as a Service(BPaaS)型のサービス整備に取り組むべきである。また、特にCOVID-19 感染拡大の悪影響が大きい人事BPO サービスでのメニュー見直しも進めるべきである」と、IDC Japan株式会社 IT サービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎 は述べています。

今回の発表はIDCが発行した国内ビジネスプロセスアウトソーシングサービス市場予測、 2022 年~ 2026 年 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場の概況や動向を分析し、セグメント別に市場予測をまとめています。

(レポートの詳細についてはIDC Japan へお問い合わせください)



<参考資料>

国内ビジネスプロセスアウトソーシングサービス市場 支出額予測: 2021年~2026年

Note:    2021年は実績値、2022年以降は予測

Source: IDC Japan, 5/2022



Coverage

Regions Covered

Japan


Topics Covered

Business process outsourcing