IDC Future of Workstyle Forum 2024, Japan

Beyond Hybrid Work:未来型エクスペリエンスが生み出すデジタルビジネス

2024年10月9日(水) 東京コンファレンスセンター・品川 5階大ホール

概要

IDCのデータおよびインサイト/フォーサイトは、顧客の成功を加速するグローバルなテクノロジーの洞察を支援し、ビジネスと社会に及ぼすテクノロジーの影響について知見を与えてまいりました。IDCでは10年近くに渡ってDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現することが生き残り戦略の中核となると訴求してきましたが、ディスラプションを契機として、コミュニケーション/コラボレーションやビジネスプロセスのデジタル化が進んだ今、企業はデジタルビジネス時代に突入したとIDCは考えます。物理的製品や人が介在するサービスを生業とする企業であっても、ディスラプション後に発生した地政学的リスクや経済不安といった世界的に厳しいビジネス環境下で成長を継続し、利益を拡大するには、デジタルのさらなる利活用が必須となるとIDCは予測しているからです。

IDCはFuture of Workstyle(働き方の未来、以下「FoW」という)をDX実現のための礎と位置付け、DXを推進するための働き方はどうあるべかをFoWイベントを通じて訴求してまいりました。今年は、イベントのテーマの軸足を“Beyond Hybrid Work:未来型エクスペリエンスが生み出すデジタルビジネス”に置き、その実現のために働き方はどうあるべきかについて「テクノロジー」「カルチャー」「拡張強化(オーグメンテーション)」の観点から喚起いたします。


IDC Future of Workstyle Forum 2024, Japanの対象ソリューション:
IDCが提唱する「Future of Workstyle」のフレームワークは、CULTURE、SPACE、AUGUMENTATIONの3つの領域で構成されており、それぞれ以下のようなソリューションが含まれます。

IDC’s Future of Workstyle Framework


お問い合わせ先:

  • ご協賛に関する資料(PDF)をお送りいたします。こちらへご請求ください。
      E-mail: jp-info@idcjapan.co.jp
  • ITユーザー企業様からのイベントご参加についてのお問い合わせはこちらへお願いいたします。
      E-mail: jp-event@idcjapan.co.jp

    お問い合わせの際は、お名前、貴社名、ご所属部門名/お役職を明記してください。

開催要項

日時:

2024年10月9日(水)


会場:

東京コンファレンスセンター・品川 5階大ホール


主催:

IDC Japan株式会社


対象:

働き方や働く場の改革に取り組む企業の経営層、情報システム部門、DX/デジタルビジネス推進部門、経営企画部門、人事部門、総務部門、事業部門などの方々


参加費:

一般の方: 33,000円(消費税込)、昼食付
招待コードをお持ちの方: 無料、昼食付


定員:

250名

※本ウェブサイトに掲載されている情報は、予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

アジェンダ

Time Event & Speakers
#01

IDC講演1:エンタープライズクライアントコンピューティングが描く世界 

IDC Japan株式会社
シニアマーケットアナリスト、Infrastructure & Devices
渋谷 寛

多くの企業では、様々なクライアントデバイスを活用、運用管理し、エクスペリエンスを重視しつつセキュリティ対策を施すことが求められています。近年、デバイスの性能/機能は向上し、実装されるソフトウェアおよびAI関連を含め高度化/進化/深化しています。エンタープライズクライアントコンピューティングは、エンドユーザーが利用する戦略的IT基盤の一端として、生産性向上、業務効率改善などに寄与し、競争社会を勝ち抜く欠かせないものと考えています。本講演では、デジタルワークスペース、モダンワークプレイス、ゼロトラストセキュリティ、モバイルエンタープライズ、Web/XaaSセントリックの5の区分で構成され、エクスペリエンス、BYOx、Future of Workstyle、AI/自動化などが実装され、これらを相互に組み合わせながらハイブリッドソリューションへ昇華するエンタープライズクライアントコンピューティングを解説します。

#02

IDC講演2:AI Everywhere時代にビジネス変革を実現する人材強化とワークスペース 

IDC Japan株式会社
シニアマーケットアナリスト、Software & Services
太田 早紀

AIがあらゆるビジネスプロセスに組み込まれる「AI Everywhere(どこでもAI)」化によって、企業活動に関わる業務プロセスは大きく変化します。本講演では、発展が目覚ましい生成系AIのユースケースとそのビジネス効果、AI Everywhere時代における従業員のリスキル/役割変化を促すワークスペースの役割をIDCのFuture of WorkstyleのフレームワークであるCulture/Augmentationの視点から考察します。

※アジェンダは、諸般の事情により変更されることがありますので、予めご了承をお願いいたします。

会場

東京コンファレンスセンター・品川

住所:
〒108-0075
東京都港区港南1-9-36 アレア品川

アクセス:
JR品川駅中央改札港南口(東口)より徒歩2分

URL:
https://www.tokyo-cc.co.jp/shinagawa/index.html