TECH SUPPLIER Jan 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ44560120

Japan Network Virtualization 2020 Top 10 Predictions

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

Table of Contents

Executive Snapshot

Figure: Executive Snapshot: Japan Network Virtualization 2020 Top 10 Predictions

市場開拓と市場動向

調査概要

概況

ネットワーク仮想化/自動化ベンダーに向けたTop 10 Predictions 2020

Prediction 1:国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2020年も成長を続けるが、成熟化に向かう姿が鮮明になる。

Prediction 2:「結果としてのマルチクラウド」からの脱却に向けて、クラウド内/クラウド間のネットワーク管理の課題がようやく注目されるようになり、マルチクラウドネットワーク仮想化の訴求機会が訪れる。

Prediction 3:勢力図が明らかになったデータセンター向けネットワーク仮想化/自動化市場では、もはや競争相手は「必要性の欠如」である。

Figure: 国内データセンターネットワーク向けネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場 ベンダー別 売上額シェア、2018年

Prediction 4:ネットワーク仮想化/自動化ソリューションの適用先として、産業用ネットワークの重要性が高まる。

Prediction 5:AI/機械学習を活用した企業ネットワークソリューションがバズワードの域を超えて、企業ネットワークに「溶け込むAI」になり得るか真価が問われる。

Prediction 6:パブリッククラウド中心のネットワークアーキテクチャの議論が、あらゆる関係者の間でいっそう高まる。

Prediction 7:魅力的な最新ネットワーク半導体を搭載したホワイトボックススイッチ製品の拡充が進む。

Figure: Network Disaggregationの導入意向

Prediction 8 5G SAやMECの実現に向けて、クラウドネイティブ 5Gインフラの議論がさらに活発化する。

Prediction 9:SD-WANの導入事例は着実に増加するも、既存市場に地殻変動を起こすまでには至らない。

Prediction 10:DXの取り組みで、ネットワーク仮想化/自動化によるネットワークの次世代化が取り残されることへの危惧が広がる。

Figure: DXにおけるネットワークに関する取り組み状況:従業員規模1,000人以上

ITサプライヤーへの提言

参考資料

関連調査

Synopsis

Content


Related Links