TECH SUPPLIER Apr 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ45138120

2020年 国内データサービス市場の構造:クラウドデータ 保護/事業継続ソリューションの市場規模とビジネス機会

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan, Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Table of Contents

Executive Snapshot

Figure: Executive Snapshot:2020年 国内データサービス市場の構造-クラウドデータ保護/事業継続ソリューションの市場規模とビジネス機会

市場開拓と市場動向

国内データ保護/事業継続ソリューション市場概況

Table: 国内データ保護/事業継続ソリューション市場 製品/サービス分野別 売上額実績、2016年~2019年

Table: 国内データ保護/事業継続ソリューション市場 提供形態別 売上額実績、2016年~2019年

Figure: 国内データ保護/事業継続ソリューション市場 提供形態別 売上額実績、2016年~2019年

Table: 国内データ保護/事業継続ソリューション市場 内容別 売上額実績、2016年~2019年

Figure: 国内データ保護/事業継続ソリューション市場 内容別 売上額実績、2016年~2019年

当該市場の予測について/新型コロナウイルスの影響

データ保護/事業継続ソリューションとしてのクラウドサービス

Figure: IaaSの用途(従業員規模別)

Figure: IaaSの用途(IaaS利用社数別)

Figure: データ保全業務の人材不足に対する対策としてのクラウド利用意向

データ保護/事業継続ソリューション市場が発展していく方向性の分類

バックアップデータの有効活用/開発用データプロビジョニング

クラウド上のシステムのデータ保護

非構造化データの経済的な長期保全(アーカイビング)

Figure: 利用データ種類(IaaS利用社数別)

包括的なデータ管理の中でのデータ保護

データ保護/事業継続プロセスの自動化、自律化および組み込み化

ベンダーの差別化戦略の傾向分析

システム製品(ハードウェア)ベンダーとの協業

クラウドサービスプロバイダーとの協業

コピーデータマネジメントの訴求

差別化の要素として未発達だが可能性のある分野

包括的なデータ管理への発展

Figure: 改革すべきデータ管理の課題(IaaS利用社数別)

IT運用自動化ソフトウェアとの連携

AIOpsに加わる要素としてポジション確保

データ保護/事業継続ソリューションベンダーとの協業の有効性と検討ポイント

サービスプロバイダーの立場から

Figure: IaaS利用社数(AI利用状況別)

データ管理ソリューションベンダーの立場から

Figure: 改革すべきデータ管理の課題(CDO設置状況別)

ITサプライヤーに対する提言

市場定義

参考資料

Synopsis

Content


Related Links