IDCの5G市場調査

国内でも2020年3月に商用サービスが始まった5G(第5世代移動通信システム)は、超高速、超低遅延、多数同時接続を特徴として、新たなモバイル体験をもたらす通信技術として高い関心を集めています。また、5Gは消費者だけでなく企業においても、DX(デジタルトランスフォーメーション)実現に重要な役割を果たす技術として期待されています。

IDCでは、5Gを通信サービスやスマートフォンを始めとするクライアントデバイス、基地局やトランスポートなどのインフラストラクチャといった多角的な視点で調査分析しています。また、5Gと4K/8K、AR/VR、AIなどの技術を組み合わることで広がる5Gのユースケースや、スマートシティ、スマートファクトリー、モビリティなどのイノベーション領域における5Gの役割といった視点からも分析しています。さらに、移動体通信事業者が提供する商用5Gサービスに加えて、企業や自治体などが構築するローカル5Gの動向についても分析しています。
Notes:
  • 本市場予測は、2020年5月末時点における新型コロナウイルス感染症の影響および見通しを考慮したものである。
  • 5Gネットワークインフラストラクチャ市場は、5Gサービス基盤に用いる5G RAN、5Gコアネットワーク、ルーター、イーサネットスイッチ、光伝送装置で構成される。
5Gの現在地

2020年3月に始まった国内商用5Gサービスは、サービス提供エリアの拡張を進めています。当初の計画を前倒ししながら、2023年度(会計年)には概ね全国で5Gサービスを利用できるようにする計画です。

また、既存の4G/LTEインフラストラクチャを利用する5G NSA(5G Non Standalone)構成で国内の5Gサービスですが、5Gが持つ価値を十分に発揮するため5G SA(5G Standalone)構成でのサービスを2021年度(会計年)に提供することをモバイル通信事業者各社は計画しています。

標準化動向に目を向けてみると、産業分野からの要望に対する仕様改善が中心の3GPP(Third Generation Partnership Project)のリリース16の仕様化が完了し、5G商用サービス開始後の機能追加要求などを反映するリリース17も、2021年の仕様化完了を目指しています。また、5Gの先を見据えた動きもすでに始まっており、米国、中国、欧州、韓国などと共に、国内でも2030年ごろの実用化を目指して動き始めています。

ローカル5Gも、2019年末に制度化され、28GHz帯を用いた5G NSA構成で実証実験やPOCが進められています。さらに、2020年末からはsub-6帯でも利用可能になり、5G SA構成での実証実験も始まっています。5Gの電波特性や、5Gのユースケースの検証が進められる一方で、課題やより高い効果を発揮するための模索が続けられています。

5Gインフラストラクチャの整備は、国内でも商用サービス開始前の2019年から着実に進められています。
国内モバイル通信事業者は、2023年度(会計年)の基盤整備目標達成に向けて、5G基地局やトランスポートネットワーク、そして5G SA構成でのサービスに向けて5Gコアなどへの設備投資を進めています。IDCでは、国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場における2020年の市場規模は、2,080億7,900万円と予測し、2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は54.6%で拡大するとみています。

IDCでは4G/LTEから5Gへのシフトに伴うネットワークアーキテクチャの変化にも注目しています。5Gのトランスポートネットワークには、ルーターを中心とするパケットベースのネットワークが導入され始めています。5Gの真価を発揮するために必要とされるエンドツーエンドネットワークスライシングの実現や、オープンRANアーキテクチャにおけるフロントホール/ミッドホールの柔軟な構成に適しています。それを実現する国内5G向けルーター市場は、2019年~2024年のCAGRで43.2%とこちらも今後の成長が見込める市場となっています。

IDCでは、商用5Gサービスを実現する5Gネットワークインフラストラクチャに関する調査を行っています。5G基地局や5Gコア、ルーターやイーサネットスイッチ、オプティカルなどの製品分野別分析や、5Gネットワークインフラストラクチャでは不可欠なネットワーク仮想化/自動化(NFV、SDN)に関しても調査しています。


国内でも2020年3月に始まった商用の5Gサービスは、着実に普及の歩みを進めています。2020年末ではモバイル通信回線全体に占める割合は数%に過ぎませんでしたが、2021年末には1割を超える見通しです。既存のスマートデバイス用途のLTE回線の置き換えと共に、新たなIoT機器の接続需要の増加などによって普及が進み、2025年には4割を占めるまでに成長すると予測しています。

IDCでは、5Gを含むモバイル通信サービス市場を、世代別(3G/4G/5G)や個人/法人別に、世界70か国以上(Worldwide Semiannual Telecom Service TrackerのFact Sheetページで数えた結果70か国。Trackerデータでは74か国)について調査しています。


5Gスマートフォンは、当初の予測を超える規模で出荷されており、ユーザー側での5G環境は急速に整いつつあります。主要なスマートフォンベンダーは、2020年に5G対応製品を次々とリリースし、5G時代へ向けて大きく動き出しました。急速な5Gへの移行は今後も続き、2025年には市場のほとんどを占めると予測しています。

IDCでは、スマートフォンを始めクライアントデバイス(PC、タブレット)、AR/VR、ウェアラブルデバイスなどのクライアント端末と、これらのデバイスを利用したソリューションを中心とした調査を行っています。市場の動向や関連市場の動向の現状分析、並びに今後の技術動向や市場予測など、ビジネスの成功に役立つ詳細な情報を提供しています。










5Gは、消費者としてのデジタル体験を高めるだけでなく、企業の業務効率化やデジタルトランスフォーメーション(DX)に活用することが期待されています。たとえば、製造現場における業務の自動化現場業務の自動化や遠隔制御、現場の可視化といったスマートファクトリーを実現する重要な技術として捉えられています。
こうした企業のDX実現に当たり、モバイル通信事業者が提供するパブリック5Gサービスに加えて、企業が専用の5G環境を導入できるローカル5Gに関しても注目がいっそう高まっています。国内では、28GHz帯に続き2020年12月からsub-6帯も加わり、5G SA構成での導入も可能になったことから、今後多くのPOCや本導入が進むと期待されています。

IDCでは、5G市場を産業領域での活用という視点でも調査しています。企業の5G利用動向に関する調査や、5G関連ITサプライヤーの動向、産業分野別やユースケース別分析、さらには法人向け5G関連IT市場について分析しています。