Japan Network Services (Japanese Version)

IDC Japan 年間情報提供サービス「Japan Network Services (Japanese Version)」は、企業向けネットワークサービス、SDx、Branch of One(一人支店:ネットワークを含む在宅勤務環境整備)などを中心に、通信事業者のターゲット市場を分析します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う働き方の変化により、多くの企業にとって最適なネットワーク構成は変化しました。常に一定数が在宅勤務を行うハイブリッドワークを前提とした、SD-WANやクラウド型セキュリティサービスの活用、Web会議の増大に伴うトラフィック増大への効果的な対処、DXなど、企業のネットワーク担当者が考慮すべき課題はますます複雑になっています。技術面では、ネットワーク仮想化の進展、AI、IoT、5G商用サービスの普及、6Gに向けた研究開発の活発化といった変化があり、また競争面では、通信事業者はクラウドサービス事業者などとの新たな競合に直面しています。

本プログラムでは、上記のような視点で今後のネットワークサービス市場の方向性や競合状況の変化などを分析し、同市場に関する最新のインサイトをお届けします。また市場規模予測と事業者シェアなどの定量情報も提供します。2023年は特に、SMB(Small and Medium Business 中堅中小企業)に着目した企業ネットワークの市場動向や、クラウドWANの市場動向の分析を強化します。


Markets and Subjects Analyzed

  • ネットワークサービス(WAN、モバイル、固定)
  • SD-WAN/SDx
  • エンタープライズユーザーの利用動向
  • エッジコンピューティング
  • 在宅勤務環境提供サービス/Branch of One

Core Research

  • 国内ネットワークサービス市場 予測とシェア
  • 国内ネットワークサービス市場 企業ユーザー調査
  • SD-WAN市場 予測
  • SDx市場分析
  • IDC FutureScape: Worldwide Future of Connectedness 2023 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Network Services (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. ネットワークサービス市場の今後の市場規模、構造はどのように変化するか?
  2. 今後のネットワークサービスの競争優位の源泉は何か?
  3. SD-WAN/SDxはネットワーク市場の構造やサービスをどのように変えていくか?
  4. COVID-19収束後に求められるネットワークサービスはどのようなものか?

Related Links


Meet the Experts
Yoko Ono

Research Manager, Communications, IDC Japan

Yoriyuki Yamashita

Research Manager